カンパニュラ《花言葉》

カンパニュラ 花言葉

カンパニュラの花言葉は【感謝】【誠実な愛】【共感】

釣鐘草(つりがねそう)

カンパニュラ 花言葉 釣鐘草 風鈴草 ベルフラワー 感謝 誠実な愛 共感 小さな鐘 キキョウ科ホタルブクロ属 多年草
地中海沿岸地方に原産する植物から改良された観賞用植物
Campanula(カンパニュラ)は、ラテン語で 「小さな鐘」の意味です。
花の形が釣り鐘に似ているからです。(なぜか上向きか横向きに咲きます。)

英語ではbell flower(ベルフラワー)と言いますが、この英名を持つ植物は他に十種以上あります。

和名:風鈴草(ふうりんそう)  園芸上は「釣鐘草(つりがねそう)」
開花時期は、 5月頃~ 7月頃。

結構大きいんです。

カンパニュラ 花言葉 結構大きい 特徴 果樹園 不思議なりんご カンパニュラの特徴は、お花全体に毛が生えていることです。そして何と言ってもこのベルのような形。
写真で見ると小さそうに感じるかもしれませんが、実は結構大きいんです。5~6cmくらいありますよ。

カンパニュラのギリシャ神話

ヨーロッパのお話し。。。
カンパニュールという美しい娘がいました。
カンパニュールは神さまの果樹園になっている、黄金のリンゴを守るのが仕事でした。不思議なリンゴです。半分食べるとどんな病でも治してしまい、全部食べると不老不死になるといいます。ですからこの黄金のリンゴを狙って、盗みに入る物が多かったのです。

「もし、リンゴを盗む者が現れたら《銀の鈴》を鳴らして、知らせるように。。。」
そう果樹園の番人から言われていました。

ある日この果樹園に黄金のリンゴを盗もうと、泥棒が侵入して来ました。カンパニュールはみんなに知らせようと《銀の鈴》を鳴らそうとします。。。
しかし、それに気づいた泥棒がカンパニュールを殺してしまいました。

番人が気付いた時には既に亡くなっていました。黄金のリンゴを食べさすこともできなかったのです。
誰もがカンパニュールの死を悲しみました。
そうして可哀相なカンパニュールは、女神フローラによってお花に産まれ変わったといわれています。
そのお花が【カンパニュラ】です。

『花言葉特集』トップページ

フラワークラフト アン
176a.jpg

プリザーブドフラワーとは 

花言葉特集

カーネーション 品種 種類