レースフラワー《花言葉》

レースフラワー 花言葉

レースフラワーの花言葉は【可憐なこころ】

レースフラワー 花言葉 可憐なこころ ソクラテス 芹科(せりか) あみ属
学名 Ammi majus 原産国:地中海沿岸
別名:毒芹もどき・・・有毒な毒芹と外見が似ているため、このような名前が付きました。しかし毒はありません。

余談:ソクラテスが自害に用いたのが、≪毒芹≫とも言われています。
ちなみに「神のみぞ知る」は彼の決まり文句です。

外見が似ているといえば『ブルーレースフラワー』です。よく似ていますが、別のお花なんです。同じせり科で、トラキメネ属です。

純白で上品・清楚なお花です。

レースフラワー 花言葉 上品 清楚 おすすめのお花です。

小さな白いお花の集まりで、次々と咲き長く楽しむことができます。まぁるく傘のようです。
でもお花が次々咲く事で、古いお花が落ちてきます。
(かなり落ちますが、これも雪のようだと思えれば・・・(^^)

英語名:Queen Anne’s Lace”(アン王女のレース)

キレイなお花です。「アン王女のレース」なんて、ちょっとシャレてますよね♪

『花言葉特集』トップページ

フラワークラフト アン
176a.jpg

プリザーブドフラワーとは 

花言葉特集

カーネーション 品種 種類