スカビオサ《花言葉》

スカビオサ 花言葉

スカビオサの花言葉は【感じやすい】

スカビオサ 花言葉学名:Scabiosa japonica
「Scabiosa(スカビオサ)」はラテン語の『疥癬(かいせん)』が語源です。
これはかゆみの病気なんですが、
以前スカビオサは皮膚病に効く薬として、使われていたようです。

スカビオサが枯れてしまったら、周りの花びらが落ちて、
真ん中のまぁるい所だけ残ります。
それがまたおかしくて、かわいいんですね~。
(坊主頭みたい)

松虫草(まつむしそう)

スカビオサ 花言葉モコモコとした可憐なお花です。

スカビオサの種類の中には、
古くから、花の部分が織物の起毛用に使われ、
現在でもカシミヤなどの、柔らかい風合いを出すために
使われているものがあります。

4月~6月の間でお花屋さんでよく見られますが、
あっという間に、スカビオサの時期が終わってしまうので、
今のうちですよ

『花言葉特集』トップページ

フラワークラフト アン
176a.jpg

プリザーブドフラワーとは 

花言葉特集

カーネーション 品種 種類